龍舞崎
龍舞崎

大島の最南端にあり、島を代表する景勝地のひとつです。クロマツ林の中に整備された遊歩道を進むと岬の先端にある龍舞埼灯台につきます。  そこから望む太平洋には、海食による岩礁の景観が広がり、荒波が打ち寄せる荒々しい様子がまるで龍が舞い上がるように見えることからその名が付いたそうです。  龍舞崎には、入り江の形状から名づけられた“馬の背”や乙姫様が流れ着いたという伝説が残る“乙姫窟(おとひめいわや)”などといった名勝もあります。

龍舞崎
龍舞崎

大島の最南端にあり、島を代表する景勝地のひとつです。クロマツ林の中に整備された遊歩道を進むと岬の先端にある龍舞埼灯台につきます。  そこから望む太平洋には、海食による岩礁の景観が広がり、荒波が打ち寄せる荒々しい様子がまるで龍が舞い上がるように見えることからその名が付いたそうです。  龍舞崎には、入り江の形状から名づけられた“馬の背”や乙姫様が流れ着いたという伝説が残る“乙姫窟(おとひめいわや)”などといった名勝もあります。

1/1

​戻る