​大島みらい会とは

2012年10月、島内の自治会の一つ「浦の浜親和会」と共に復興事業を勉強するための住民集会を開始しました。その後2012年12月からは、大島に16ある全自治会を包括する自治会連絡協議会との共催で、大島全体の復興の議論をすることを目的に「大島のみらいを考える会」を開催してきました。

 これまで、防潮堤計画、大島復興宣言、観光復興、砂浜・海岸の再生、震災遺構等のテーマを掲げ、話題提供と住民参加型ワークショップを行ってきました。